総量規制でお金は借りにくくなる

 
改正貸金業法により、年収の3分の1以上の借金はできなくなります。 今まで、消費者金融などから、生活費名目、あるいは借金の返済名目で借りていた人も、返済に窮するような事態が想定されます。 多重債務者の急増という社会的な問題を解決するための施策ですから、ある程度はやむを得ないかもしれませんが、実は、この総量規制には、対象外となる融資があります。 それは、銀行からの融資です。
総量規制の対象となるのは消費者金融や信販会社などの貸金業者で、銀行は対象外です。 よって、銀行の発行するローンカードによる借り入れも総量規制対象外となり、年収の3分の1というのも銀行がOKな限り、無関係です。 消費者金融など貸金業者からの新たな借り入れが不可能な方は、一度、銀行のカードローンを検討してみることをおすすめします。

銀行系のカードローンは?

保証会社が消費者金融でも問題ない、総量規制の対象外だということであれば、銀行系列のカードローン会社、たとえば、モビットなんかはどうでしょうか? 銀行系列ですから、ここも対象外になるのかと思いますが、実はモビットはNGです。なぜならモビットはいくら銀行系列であっても、銀行ではなく、消費者金融だからです。 総量規制の対象外として許されるのは、あくまでも銀行本体のみです。 このあたり、間違えやすいところですから注意しましょう。
【総量規制の対象となってしまうカードローン】 アコム、プロミス、モビット、アイフル、オリックスVIPローンカード、オリコ、武富士、その他大小すべての消費者金融と、クレジットカードのキャッシング部分。

保証会社が消費者金融でも問題はない

消費者金融の中で、大手と呼ばれるアコムやプロミス、オリコなどは、銀行のカードローンの保証会社となっている場合が少なくありません。 「消費者金融が総量規制の対象になるのだから、保証会社が消費者金融であったとしたら、そのカードローンも総量規制の対象となるんじゃないの?」 そんな推測をされる方がいらっしゃいますが、実は保証会社は総量規制には関係ありません。 アコムが保証会社でも、プロミスやオリコが保証会社でも、カードローンの契約主体が銀行であれば問題なく融資を受けることができます。 銀行の審査さえ通れば、融資は受けられますので、ご安心ください。 また、最近ではおまとめローンなんかも人気になっています。東京スター銀行のおまとめローンなども視野に入れると融資申し込みの検討先が増えることになります。

 

 

 

-PR-
colum
Joomla構築方法