総量規制でお金は借りにくくなる

 
改正貸金業法により、年収の3分の1以上の借金はできなくなります。 今まで、消費者金融などから、生活費名目、あるいは借金の返済名目で借りていた人も、返済に窮するような事態が想定されます。 多重債務者の急増という社会的な問題を解決するための施策ですから、ある程度はやむを得ないかもしれませんが、実は、この総量規制には、対象外となる融資があります。 それは、銀行からの融資です。
総量規制の対象となるのは消費者金融や信販会社などの貸金業者で、銀行は対象外です。 よって、銀行の発行するローンカードによる借り入れも総量規制対象外となり、年収の3分の1というのも銀行がOKな限り、無関係です。 消費者金融など貸金業者からの新たな借り入れが不可能な方は、一度、銀行のカードローンを検討してみることをおすすめします。

銀行系のカードローンは?

保証会社が消費者金融でも問題ない、総量規制の対象外だということであれば、銀行系列のカードローン会社、たとえば、モビットなんかはどうでしょうか? 三菱東京UFJ系列ですから、ここも対象外になるのかと思いますが、実はモビットはNGです。なぜならモビットはいくら銀行系列であっても、銀行ではなく、消費者金融だからです。 総量規制の対象外として許されるのは、あくまでも銀行本体のみです。 たとえば、混同しやすい例として、三井住友銀行のカードローンは銀行本体のカードローンですから総量規制の対象外です。 しかし、三井住友(VISA)カードは銀行ではありませんから総量規制の対象となります。 このあたり、間違えやすいところですから注意しましょう。
【総量規制が対象外で人気のカードローン】 三菱東京UFJ銀行カードローン、みずほ銀行カードローン、じぶん銀行カードローン、楽天銀行スーパーローンなど。
【総量規制の対象となってしまうカードローン】 アコム、プロミス、モビット、アイフル、オリックスVIPローンカード、オリコ、武富士、その他大小すべての消費者金融と、クレジットカードのキャッシング部分。

今おススメの銀行カードローンをご紹介します。

こちらのコーナーでは、今、日本で一番おススメできると言ってもよい銀行のカードローンをご紹介します。どこも全国区で知名度が高い、社会的信用度の高い銀行ばかりです。 一番人気は三菱東京UFJ銀行のカードローンですが、今、一番おすすめなのはじぶん銀行カードローンです。何といっても、パソコンはもちろん、携帯(ドコモやau、ソフトバンク)からでも口座管理ができ、非常に便利です。出てきたばかりのカードローンですから人気度という点では一歩譲りますが、便利度でイチオシのカードローンです。 また、楽天銀行はおまとめローンを積極展開しています。複数の借金をまとめたい方はこちらもご検討ください。

三菱東京UFJ銀行カードローン

金利 審査スピード 保証人・担保 年会費・手数料 極度額最高
1.8%〜14.6% 迅速 不要 なし 500万
学生10万円
主婦30万円

三菱東京UFJ銀行のカードローンはカードローン全体の中で常に1、2を争う人気のカードローンです。金利が4.6%〜14.6%と大変低金利である点、即日融資に対応可能な点、CMなどの広告宣伝が徹底していて認知度が高く、初めての人でも安心して申し込める点などが人気の理由として考えられます。(*口座を持ってなくても利用は可能です)
また、通常、銀行のカードローンは対象年齢の上限が60歳である場合が多いのですが、三菱東京UFJ銀行は64歳までを対象としており、より幅広い年齢層のニーズに対応可能です。

インターネットなら10分〜15分程度で申し込みが完了します。もちろん、日本全国どこからでも、今すぐに申し込みが可能です。

三菱東京UFJ銀行カードローンの貸付条件はこちら


住信SBIネット銀行カードローン

金利 審査スピード 保証人・担保 年会費・手数料 極度額最高
1.89%〜7.99% 迅速 不要 なし 1000万

他のカードローンと比べ圧倒的な低金利で当サイト人気NO,2です。 ネット銀行ということで知名度はそれほど高くないかもしれませんが、れっきとした銀行であり、昨今話題の総量規制対象外のカードローンでもあります。 とにかく金利が圧倒的に低水準であり、国内のカードローンで間違いなくトップクラスの低金利です。 限度額も最高で1000万円ですし、公式サイトでは借り換え需要への対応にも言及していますので、幅広いニーズに対応可能です。 今一番のおすすめカードローンです。


インターネットなら10分〜15分程度で簡単に申し込みが完了します。もちろん、日本全国どこからでも、今すぐに申し込みが可能です。

住信SBIネット銀行カードローン貸付条件


みずほ銀行カードローン

みずほ 金利 審査スピード 保証人・担保 年会費・手数料 最大限度額
年3.0%〜7.0%
※エグゼクティブプランの場合
最短即日 不要 無料 1,000万円

みずほ銀行カードローンも人気ですが、ここの大きな特徴はやはり低金利である点に尽きます。
人気NO,1の三菱東京UFJ銀行と比べても、上限、下限ともにみずほ銀行の方が低金利となっており、金利水準を重視する人には非常に人気の高いカードローンです。上限金利は銀行やその他のカードローンの中でも最低クラスといってよいほど低金利ですから、10万円、20万円など、100万円未満の融資を希望される方には特におすすめです。

インターネットなら10分〜15分程度で申し込みが完了します。もちろん、日本全国どこからでも、今すぐに申し込みが可能です。

貸付条件をご確認ください


楽天銀行スーパーローン

金利 審査スピード 保証人・担保 年会費・手数料 極度額最高
1.9%〜14.5% 1〜2営業日 不要 なし 800万

金利水準や貸出限度額などが大手銀行のカードローンと同等以上のレベルです。
下限金利が銀行カードローンの中でも低金利の部類に入り、上限金利も大手銀行のカードローンを上回る低金利ぶりです。借金のおまとめ(おまとめローン)なども公式サイトでは積極的にアピールしており、人気を後押ししています。


インターネットなら10分〜15分程度で簡単に申し込みが完了します。もちろん、日本全国どこからでも、今すぐに申し込みが可能です。

楽天銀行スーパーローン貸付条件はこちら


保証会社が消費者金融でも問題はない

消費者金融の中で、大手と呼ばれるアコムやプロミス、オリコなどは、銀行のカードローンの保証会社となっている場合が少なくありません。 「消費者金融が総量規制の対象になるのだから、保証会社が消費者金融であったとしたら、そのカードローンも総量規制の対象となるんじゃないの?」 そんな推測をされる方がいらっしゃいますが、実は保証会社は総量規制には関係ありません。 アコムが保証会社でも、プロミスやオリコが保証会社でも、カードローンの契約主体が銀行であれば問題なく融資を受けることができます。 銀行の審査さえ通れば、融資は受けられますので、ご安心ください。 また、最近ではおまとめローンなんかも人気になっています。東京スター銀行のおまとめローンなども視野に入れると融資申し込みの検討先が増えることになります。

 

 

 

-PR-
colum
Joomla構築方法